平川塗装

スタッフブログ

家の壁を塗り替えたい!浜松市で外壁塗装の見積もりを少しでも安くできるテクとは

外壁塗装をするにあたって、費用はどうしても気になること。 1円でも安く費用を抑えようと思うでしょう。

外壁塗装の費用を安くする基本は、複数社から相見積もりを取ることです。

でもここで注意したほうがいいのが、相見積もりの中から、一番安い塗装業者を選べばよいというわけではありません。

たまにですが、そんな安い値段でやってくれるの?というぐらい安い値段の見積書を出してくる業者がありますが、それにはウラがあります。 いくら安く済ませたいからといって、塗装が不十分だったり、後々のメンテナンスが大変で結局高くついてしまうなんてことがあります。

また、せっかく相見積もりを取っても、全ての塗装業者が同じような形式で見積書を書いてくれるわけではありません。 使う塗料が違ったり、一式○○円と書いてある業者もいれば、事細かに書いてある業者もいて、なかなか横並びで比較するのが難しいです。

そこで、本記事では、外壁塗装の費用を安全に抑えるコツ、相見積もりの取り方、安心安全な外壁塗装業者の選び方を紹介します。 あなたが家の壁を塗り替える時の参考にしてください。

外壁塗装の費用を抑える相見積もりで行う3つのコツ

外壁塗装の費用を抑えるには、冒頭で複数社から相見積もりを取ることについては触れました。 これは基本中の基本です。

問題はここから先です。

出された相見積もりをあなた自身が読み解いた上で比較する必要があるのですが、これがなかなか難しい。

そこで、素人でも外壁塗装の見積書を読み解いて比較ができるように、相見積もりのコツを3つ紹介します。

1:見積もりの項目を揃えること

見積もり

出された見積もりの価格の細かさなど比較をすることで、一目瞭然で業者ごとの費用の違いがわかります。

使用する予定の塗料や塗装作業料だけでなく、足場代、養生代、下地調整費用など、外壁塗装には様々な費用がかかります。

一番細かく見積もりの項目を出してくれた業者に合わせて、他の外壁塗装業者の見積もりも出してもらうようにしましょう。

また見積もりの項目の細かさで誠実な業者かどうかもすぐにわかります。 「その他費用」とか「外壁塗装一式」などで金額を大きく積んでいる業者もあれば、先ほど例で挙げた足場代、養生代、下地調整費用など、見積もりを細かく出してくれる業者もあります。

当然、細かく見積もりを出してくれる業者の方が誠実で、見積もりと実際の支払い価格にもブレがなくなり、トラブルも少なくなります。

2:塗料の費用を要チェック

塗装

外壁塗装の費用の内訳で、大きな割合を占めるのが塗料の費用です。

確かに安い見積もりは嬉しいですが、ただ「安い」だけの外壁塗装には裏がいっぱいあるので、安いだけの見積もりを選ぶと失敗する塗装になりかねません。

安い塗料のウラとしては、

・塗料を薄めて使う想定で見積もりしている ・独自の塗料と言いつつ中身は単に色んな塗料のブレンド ・見積書に書かれているものと違う塗料で塗装しようとしている ・塗装を十分乾燥させる時間を取っていない

といったことがあります。 特に薄めた塗料や塗料のブレンドといった手口は、全国消費生活情報ネットワークシステムの被害例として挙げられています。

こういった安い塗料見積もりの場合、早く劣化してしまい、結局トータルでは高くついてしまいます。

ちなみに逆のパターンとして、耐用年数が30年あると言ってくる外壁塗装業者もいます。 現在30年も耐用年数が持つ塗料はありません。

塗料の耐用年数の最大は20年です。 これは国税庁が発表しており、20年以上の耐用年数の塗料の見積もりを出してきた業者は要注意です。

3:足場を自社サービスとしているか確認

足場

外壁塗装は多くの場合、足場を必要とします。 この足場の設置について、自社でやるか、外注するかに分かれます。

当然、自社で足場を組める外壁塗装業者は、サービスする事ができますので、自社で足場を組むのかどうか確認しましょう。 もし自社で足場を組めるというのであればサービスをしてもらえる可能性があります。

足場代というだけで数万から10万円ぐらいはかかります。

見積もりを出してもらった段階で、足場は自分たちで組むのか、自分たちで組むといった際には、サービスしてもらえないか交渉できるポイントになります。

見積もりからNGな外壁塗装業者の見極め方

三択

全国消費生活情報ネットワークシステムというところによると、住宅リフォームに関するクレームは年間5000件を超えています。 そのうち3割は外壁塗装の関する相談件数になります。

残念ながら、質の悪い、場合によっては詐欺まがいの外壁塗装業者がいます。

そんな質の悪い、詐欺まがいの外壁塗装業者に引っかかってしまっては、その時は良くても後々メンテナンス費用がかさんで結局高くついてしまいます。

ここでは、質が悪い・詐欺まがいの外壁塗装業者に引っかからないために、外壁塗装業者の選び方について紹介します。

最初の見積もりから大幅値引きをする業者はNG

外壁塗装の費用をできる限り低く抑えたいという気持ちは分かります。 そのために、相見積もりを取って費用を抑えるための交渉をするというのは、外壁塗装の費用を抑えるために必要な事ではありますが、交渉ですぐに大幅値引きする業者は避けましょう。

交渉したらすぐに値引きするというのは、その業者の見積もりがいかにずさんであるかを物語っています。

良心的であったり、普通の外壁塗装業者さんは、根拠に基づいた適正な見積もりを算出します。 そしてあなたが相見積もりを元に値引き交渉をしたとしても、「うちはサービスがいいんです」や「うちは職人の技術が高く品質がいいんです」と付加価値をアピールして、なかなか値下げには応じないものです。 それだけ、自分たちの仕事に誇りを持っているということです。

逆に言うと先ほどのような付加価値をちゃんとアピールしてくれる外壁塗装業者さんは信頼ができます。

安易に外壁塗装の費用が安いからといって契約しないようにしましょう。

窯業系の中でも安いサイディングをオススメしてくる業者はNG

サイディングというのは、正確にはサイディングボードといい、家の外壁材の種類です。 外壁塗装をお願いした時に、外壁の劣化がひどい場合、外壁材の交換が必要だと言われる場合があります。 (外壁材の交換については、後ほど詳しく説明します。)

この時、窯業系サイディングの中でも安い窯業系サイディングボードを薦めてくる業者は避けたほうがいいでしょう。

ちなみにサイディングボードには、窯業系サイディング、金属系サイディング、木質系サイディング、樹脂系サイディングの4種類があります。 この4種類のうち、窯業系サイディングというのが、現在主流で、全体のシェアの7割を占めます。

外壁材の中でも窯業系サイディングは主流なので通常は問題ないのですが、一方で安い窯業系サイディングには注意が必要です。

窯業系サイディングは、1㎡あたり2000円〜15000円と価格幅が大きいものです。 平均以上の窯業系サイディングボードなら問題ないのですが、平均以下の窯業系サイディングボードの場合、劣化のスピードが早く、通常の窯業系サイディングボードの耐用年数が7〜8年のところ、ひどいものだと2〜3年でだめになってしまいます。

もしサイディングボードの交換を勧められた際には、サイディングボードの単価を必ず聞くようにしましょう。

見積もり後、すぐに契約させようとする業者はNG

これは特に外壁の無料点検をする業者に多い手口になるのですが、「今日中に契約すれば塗装費用を値引きします」「今契約しなければこの条件では出せません」といった契約を急がせる業者は注意しましょう。

また「今すぐ修繕しないと余計ひどくなりますよ」といった不安をあおるような業者にも注意が必要です。

外壁塗装の費用は大体80〜120万円が相場です(30坪100平米)。 決して安いものではありません。

安いものではありませんから、良心的な外壁塗装業者さんの方もお客さんがすぐに決められないことぐらい分かっています。

また、浜松には外壁塗装業者さんがたくさんあります。 何も一社ではありませんし、そもそも契約を急ぐ業者の値引き額というのはその会社にとっての普通の価格です。

複数社から相見積もりをしっかり取った上で、納得のいく外壁塗装業者さんを選ぶようにしましょう。

外壁塗装は、外壁リフォームの中の一つ

外壁リフォーム

先程の「窯業系の中でも安いサイディングをオススメしてくる業者はNG」の項目で外壁材の交換を勧められる事があると言いました。

外壁塗装をお願いしたのに何で?と思うかもしれませんが、ここであなたに一つ質問をします。

今、あなたは家の壁の塗替えをしようと思っているでしょうが、そもそも何故、家の壁の塗替えをしようと思いましたか?

家の壁の色が気に入らないという理由の人もいるかもしれませんが、多くの人が、住みはじめて10年ぐらい経って、そろそろ塗り替えたほうがいいかなと思ったのではないでしょうか?

確かに家の壁の塗替えは10年に一度と言われます。 家を建ててから10年も建てば、見た目が段々汚くなってくるものですが、家の壁の塗装は、そもそも外壁を塗料によってコーティングして外壁を保護し、「機能」を付加する役割があるのです。

「機能」とは、断熱効果や遮熱効果、防水効果や防火効果、耐震効果など、さまざまです。

その機能が10年も経つと衰えてくるため、塗替えをした方が良いわけです。

そして先ほど「機能」として挙げた断熱効果や防水効果、防火効果、耐震効果などを維持する、良くするのは、[外壁塗装]だけではありません。

くくりとして外壁リフォームがあり、[家の壁の塗替え]は外壁リフォームの中の一つなのです。 そして、[外壁材の交換]というのもの外壁リフォームの中の一つです。

外壁リフォームには外壁塗装を含めて3種類あります。

・塗装(塗り替え) ・重ね張り(カバー工法) ・張替え

ちなみに張替えが最も費用がかかり、塗装が最も費用をおさえられます。

今後の参考のために、重ね張りや張替えについて紹介します。

重ね張り(カバー工法)

既存の外壁に新たなカバーを付けるように外壁材を張る外壁リフォーム方法です。

張り替え

外壁の張り替えは、既存の外壁材を取り払ってしまって骨組みだけにし新築同様の新しい外壁にする方法です。

長持ちそとかべ塗装で、
家族が安全に暮らせるマイホームのために、
私たちが全力
サポートします。

  • Support:1

    一年後の状態を
    チェックします。

    お客様に問題がないか
    ヒアリングしながら、
    壁をチェックしていきます。

  • Support:2

    問題があれば
    基本無償で対応します。

    問題があれば基本無償で
    対応の説明文が入ります、
    これはサンプルテキストです。

  • Support:3

    安心のサポート
    アフターフォロー

    説明文が入ります、
    これはサンプルテキストです。

どうでしょうか?
これで当社の特長や塗り替えのメリットを
なんとなくご理解いただけたでしょうか?
「そろそろ塗り替えしようかな、、、」と
思ってらっしゃるかも知れません。
とはいえ、急に「さっそく発注して
そとかべをすっかり塗り直そう!!!」というのも
すこし不安だと思います。
もしくは、
「他のリフォーム屋さんと比べてみたい!」
と言う方もいらっしゃると思います。

そこで!!そんなあなたのために当社ではそとかべの無料診断をご用意しております!

ホームページを見たんですが...
承知しました!ご覧いただきありがとうございます!

平川塗装のホームページ
限定イベントそとかべ診断

0(税込)

お電話で「ホームページを見た」と
お伝えください。

そとかべを何回でも
無料で診断いたします!

発注いただかなくても
診断だけでも大丈夫です。

「ホームページを見ました」とお伝えください!

現役の塗装のプロが
お電話を担当いたします。
電話が繋がらない場合でも1営業日以内
折り返しお電話いたします。

平川塗装は20年以上の経験ある会社です、経験豊富な熟練の職人
お任せください。

外壁塗装などそとかべリフォームは熟練の職人にお任せください
Protection and beauty!

お電話で「ホームページを見た」と
お伝えください。

そとかべを何回でも
無料で診断いたします!

発注いただかなくても
診断だけでも大丈夫です。

「ホームページを見ました」とお伝えください!

現役の塗装のプロが
お電話を担当いたします。
電話が繋がらない場合でも1営業日以内
折り返しお電話いたします。